• 保健室だより

施設紹介/スクールライフ

学校感染症

学校感染症について

学校感染症:学校保健安全法施行規則第18条で定められている感染症
学校は、感染症が流行しやすい集団生活の場です。
文部科学省では、学校で特に注意をしなければならない感染症を次の3つに分類しています。
《第1種》特殊なもの
《第2種》学校で多く見かける感染症で、「飛沫感染(唾液を介しての感染)」するのが特徴のもの
《第3種》それ以外のもので、学校などで流行しやすいもの

  対象疾病 出席停止期間の基準


エボラ出血熱 治癒するまで
クリミア・コンゴ出血熱
痘そう
南米出血熱
ペスト
マールブルグ病
ラッサ熱
急性灰白髄炎
ジフテリア
重症急性呼吸器症候群
(病原体がSARSコロナウイルスであるものに限る。)
鳥インフルエンザ
(病原体がインフルエンザウイルスA(H5N1)であるものに限る)
  対象疾病 潜伏期間 出席停止期間の基準 主要症状



※1
インフルエンザ
(鳥インフルエンザ(H5N1)
及び新型インフルエンザ等
感染症を除く。) 
平均2日 発症後(発熱の翌日を1日目として)5日を経過し、かつ解熱した後2日経過するまで 高熱が3~5日続き、頭痛、筋肉痛、嘔吐下痢など伴い風邪(新型以外のインフルエンザ) より重症感がある。
百日咳 主に7~10日 特有の咳が消失するまで又は5日間の適切な抗菌薬療法が終了するまで 特有な連続性、発作性の咳が長期にわたって続く。
麻疹(はしか) 主に8~12日 発しんに伴う発熱が解熱した後3日経過するまで、ただし症状により感染力が強いと認められたときは、さらに長期に及ぶ場合もある 発熱、結膜炎、鼻水。口腔内に小さな白斑ができ、2~3日後に全身湿疹出現。
流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
主に16~18日 耳下腺、顎下腺又は舌下腺腫が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで 耳下腺(耳たぶの下)の急性耳下腺の腫脹を主症状とする。
風疹 主に16~18日 発しんが消失するまで 熱と共に全身に発疹がでる。耳後部のリンパ腺が腫れる。
水痘(みずぼうそう) 主に14~16日 すべての発しんがかさぶたになるまで 水をもった赤い発しんが全身にでる。発熱しない例もある。
咽頭結膜熱(プール熱) 2~14日 発熱、咽頭炎、結膜炎などの主要症状が消退した後2日を経過するまで 発熱、結膜炎、咽頭炎を主要症状とする。アデノウイルスが原因菌。
結核 2年、特に6ヶ月以内に多い 病状により学校医その他医師において感染のおそれがないと認められるまで 微熱、2週間以上続く咳や痰を初期主要症状とする。
髄膜炎菌性髄膜炎 主に4日以内 症状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認められるまで 発熱、頭痛、けいれん、意識障害などを主要症状とする。
※1 ただし、病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認められたときにはこの限りではありません。(結核、髄膜炎菌性髄膜炎を除く)

  対象疾病 潜伏期間 感染経路 主要症状



※2
コレラ 主に1~3日 経口感染 激しい下痢、嘔吐
細菌性赤痢 主に1~3日 発熱、腹痛、下痢、血便
腸管出血性大腸菌感染症 10時間~6日 激しい腹痛、下痢、血便
腸チフス 主に7~14日 発熱、バラ疹、その他
パラチフス 主に7~14日 発熱、バラ疹、その他
流行性角結膜炎 2~14日 接触感染 結膜充血、眼脂、角膜障害
急性出血性結膜炎 1~3日 結膜充血、眼脂、結膜下出血
※2 第3種の「その他の感染症」の中で溶連菌感染症、マイコプラズマ肺炎、ウイルス性、感染性嘔吐下痢症(ロタウイルス・ノロウイルス)等、学校医その他の医師が条件によって感染拡大を防ぐために、必要と認められたもの。

その他学校で注意すべき学校感染症

  病名 潜伏期間 感染経路 主要症状 登校基準















溶連菌感染症 2~4日 飛沫感染 39 ℃前後の熱、咽頭痛、細かい鮮やかな発疹がでる。 主治医により抗生剤投与され、24時間以上経過し、全身状態良好と判断されたら登校可能。
手足口病 2~7日 飛沫感染
経口感染
手のひら、足のうら、口の中に水疱ができる。時に無菌性髄膜炎を認めることがある。不顕性感染も多い。 回復後も長期間、便中にウイルスが排泄される。校内での感染を抑えるための登校停止は効果が少ない。発熱、咽頭痛、髄膜炎などの合併症がなく、主治医が全身状態良好と判断すれば登校可能。
ヘルパンギーナ 突然の高熱、咽頭痛を訴える。喉の奥に小さな水ぶくれができる。夏かぜの代表的な疾患。
伝染性紅斑
(りんご病)
感染後
17~18日
で発疹出現
飛沫感染 継続する頑固な咳。胸部レントゲンにてスリガラス状の陰影を認めることがある。 血液検査による診断確定には一週間以上必要。医師が症状改善と判断したら登校可能。
マイコプラズマ感染症(マイコプラズマ肺炎) 2~3週 飛沫感染 継続する頑固な咳。胸部レントゲンにてスリガラス状の陰影を認めることがある。 血液検査による診断確定には一週間以上必要。診断されない感染者も多い。医師が症状改善と判断したら登校可能。
流行性嘔吐下痢(ロタウイルス、ノロウイルス、腸管アデノウイルス等) 1~3日 飛沫感染
経口感染
嘔吐と下痢が主症状である。下痢便は白くなる。時に発熱をともなうことがある。 症状のある間が主なウイルス排泄期間。嘔吐、ひどい下痢から回復し、主治医が全身状態良好と判断したら登校可。





アタマジラミ 接触感染 頭部にかゆみを訴える。卵を探して取り除いたり、シラミ駆除剤による駆除を行ったりする。 出席停止は不要だが感染の危険性が高いので学校には確実に連絡する。
伝染性膿痂疹
(とびひ)
接触感染 水疱や膿疱がやぶれてびらんかさぶたを形成する。 適切な治療をすることと、病変部を露出しなければ出席停止の必要なし。
伝染性軟属腫
(水いぼ)
接触感染
ビート板等を介する間接感染
いぼ以外の症状はない。数年かかることがあるが、自己免疫によって自然に治癒する。 出席停止の必要なし。いぼの内容物に直接接触しない限りは伝染しない。ビート板(プール)などの共用を避ける。多数の皮疹がある時プールは避ける。

学校感染症出席停止措置について

学校感染症出席停止措置について


証明書(学校感染症用) PDFファイルのダウンロードはこちら   
保護者届(インフルエンザ用)(鳥インフルエンザを除く)PDFファイルのダウンロードはこちら

上記書類は、保健室・担任の先生に申し出ていただくか、本校のホームページ(トップページの「重要なお知らせ」の欄)よりダウンロード出来ます。
なお、書類の提出につきましては、登校許可が下りて、後日担任へ提出していただいてもかまいません。