トピックス

Topics

図書館からのお知らせ

お知らせ@
1学期の図書館の開館と「開館時間の延長」が始まりました    
 ・時 間 月曜〜金曜 午後8時まで 
      土曜は通常の開館時間となります。12:30〜16:20    
 ・休 み 休祝日・土曜・学校行事のある日

お知らせA 
 新しい自習用のキャレルデスクが4台増えて10台になりました     
  ・平成21年度の高3保護者会からの卒業記念品として寄贈されました。
  ・従来からある6台と合わせて総計60名分の自習用机が完備しました

 @新しいキャレルデスクを斜め上方から見る。 キャレルデスクとは、前や左右の視界を遮る仕切り板のある机で自習用の机のことを言います。 このキャレルデスクの仕切り板は半透明のアクリル製ですので、光を遮ることがありません。
 
 A新しいキャレルデスクを斜め後ろから見る。 この仕切り板は広く使いたい時は、自由に取り外しができます。

図書館からのお知らせ

お知らせ@2学期の「開館時間の延長」が始まりました

    ・期 間 9月1日(火)〜12月4日(金)

    ・時 間 月曜〜金曜 午後8時まで

         土曜は通常の開館時間となります。12:3016:20

    ・休 み 休祝日・土曜・学校行事のある日を除く

 

お知らせA2学期中間考査期間中の開館時間

    ・期 間  1013(火)〜1016日(金)

    ・開館時間 最後の考査終了後から午後5時まで

         

お知らせB「秋の夜長の特別貸出し」を実施します

    ・期 間   10月6日(火)〜1016日(金)

・貸出期間  20日間

・貸出冊数  10冊まで 

・対 象   図書・参考書・問題集・CD・DVD

お知らせC「文化祭協賛特別参加 第五回」の予定

    ・期 日   10月24日〔土〕

・参加内容  「図書館のお宝の特別展示」


奨学金授与式 於図書館閲覧室 2008・9・25

今年も成績優秀生徒に対し授与される奨学金授与式が図書館閲覧室で催されました。

今年度の奨学金を授与された生徒の内訳は以下の通りです。

これからも頑張ってください。

 

T.上宮学園奨学金    中学生(6名)・高校生(6名)

U.浄土宗関係学校奨学金 中学生(1名)・高校生(7名)

V.浄土宗奨学金          中学生(0名)・高校生(1名)

総計21

               

中学校用の書架の範囲を少し拡充しました。 また高校用の問題集・参考書書架を増設しました。それに伴い、他の書架も移動しました。

図書館に中学校図書館が設立されて、早や10年。中学の蔵書も徐々に増加し、既に5千3百冊を超過しました。しかし、近年、図書の増加にともない書架の余裕が無くなってきましたので、若干ですが、中学校用書架を増設することになりました。不足を解消する抜本的対策ではありませんが、これで数年は大丈夫。より使いやすく便利になった図書館を益々利用してください。

【1】中学校用の書架を3連18段増やしました。 【2】別の角度から。 【3】閲覧室中央に高校の参考書用書架を3台増設しました。 【4】別の角度から。国語・社会・数学・英語・理科に分かれています。
【5】別の角度から。 【6】高校用文庫本書架の一部が移動しました。カウンター内に置いていた文庫本も一緒に並べられてすっきり。スペースの余裕もできました。ここには特に生徒に人気の文庫が並んでいます。
【7】別の角度から。机にあるのは生徒用のノートパソコン。全部で10台あります。

アメリカの中学生たちが図書館を訪問してくれました!

終業式の終った昼下がり、アメリカのオハイオ州クリーブランドにある
「HAWKEN Middle School」の中学生たちが図書館を訪問してくれました。彼らは奈良県宇陀市にある「国際交流を進める会」の招きで来日したもので、10日間にわたって各地で国際交流を深めましたが、最後に上宮の図書館を見学に来られたのです。引率の先生2人と中学生たちの9名を含む総勢16名の方々でした。


にこにこドキドキのご挨拶です。





広さ・蔵書数など簡単な図書館の紹介をしました。





特別書庫内の「紀念文庫」の紹介をしています。
            木版の本が珍しいのか、みんな興味しんしんです。





みんなが見ているのは、福沢諭吉翻訳の『議事院談』
            です。写真のように精密な木版技術にみんな吃驚です。  





見学が済んだので、小会議室で休憩です。日本のお茶と
            和菓子で寛いでいただきました。彼が手にしている
            のは、今年から大リーガーになった元広島カープの
            黒田博樹選手の新聞写真です。もちろん黒田選手は
            同じく大リーグに移籍した薮田選手と共に上宮の卒業生です。





閲覧室入口で「ハイ・チーズ!」 「国際交流を進める会」
            の皆さん、お世話いただき、 ありがとうございました。
            倉野先生、通訳ごくろうさまでした。 最後に、引率の先生が
            「インターネットの影響で、 子供たちは本を読まなくなっている
            が、この影響 をどう思うか」という質問をされましたが
            「アメリカも日本も教師は同じ悩みを抱えているのだなあ」と
            共感を覚えました。



大韓民国 公州大學校・教授が本校図書館を訪問!

2008年2月28日、大韓民国 公州大學校 師範大學の先生方が本校図書館に視察に来られました。来られたのは、公州大学の文献情報教育科の邊 宇烈教授・李 丙起教授ほか4名の先生方です。韓国の文献情報科は、日本の図書館学科に相当するそうです。先生方は熱心に図書館の閲覧室、司馬遼太郎文庫・上宮文庫・特別書庫≪紀念文庫≫などを見学され、次の予定地に向かわれました。
 尚、先生方は学園のHPから図書館を知られたそうです。公州大学から寄贈された古代百済の「金製冠飾」のレプリカは閲覧室・展示ケースに展示しています。

 

閲覧室入口付近で記念撮影! 小会議室での和やかな歓談風景
閲覧室が広いのに驚かれていました。 閲覧室入口付近で!  


 ≪金製冠飾≫

 公州大学から贈られたこの記念品は,朝鮮三国時代の百済王である
武寧王の古墳(6世紀初)から出土した純金製の冠飾のレプリカです。
実物は,高さ約32センチ,横幅14センチの非常に大きいもので,
用途は,百済王の金冠の前と後ろを飾ります。金の「歩揺」が百済王の
歩みにつれて,ユラユラと太陽に輝き,さぞ美しかったことでしょう。
 また武寧王は五経博士を大和朝廷に派遣した百済王であり,彼の息子
の聖明王は高校日本史の教科書に出てくる「仏教公伝」で有名な百済王
です。まさに日韓友好にふさわしい記念品といえるでしょう。






 

 

PageTop